• 赤ちゃん便秘コム
  • アンケート
  • お問合わせ
  • Facebook
  • 赤ちゃん便秘コム
  •  
  • アンケート
  • お問合わせ
  • Facebook
  • 検索
  • メニュー
今月の便秘解消離乳食は「ふんわりポテトサラダ」。マヨネーズは使わず、やわらかく煮たじゃがいもと野菜をマッシュしてヨーグルトで和えるポテサラです。
今月の便秘解消離乳食は「ふんわりポテトサラダ」。マヨネーズは使わず、やわらかく煮たじゃがいもと野菜をマッシュしてヨーグルトで和えるポテサラです。

ふんわりポテトサラダ

もぐもぐ期(7ヶ月から8ヶ月頃)

今月の便秘解消離乳食は「ふんわりポテトサラダ」。マヨネーズは使わず、やわらかく煮たじゃがいもと野菜をマッシュしてヨーグルトで和えるポテサラです。マヨネーズは油が多いので赤ちゃんは避けるほうがよい食品。ヨーグルトを使って赤ちゃんが食べやすいマヨなしポテサラを作りましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする

材料(作りやすい分量)

新じゃがいも、にんじん、新たまねぎ、卵、ヨーグルト

新じゃがいも

1個

にんじん

30g

新たまねぎ

1/8個

1個

ヨーグルト

大さじ1

作り方

1.新じゃがいもは4つに切り、水からやわらかめにゆでて皮をむき、つぶしておく。にんじんはいちょう切り、新たまねぎはスライスする。卵はゆで卵にして粗く刻む。

2.鍋に、にんじんと新たまねぎを入れ、ひたひたの水を加えて中火にかけ、ひと煮立ちしたら弱火にし、水気が少なくなるまで煮る。

3.2. に新じゃがいも、卵、ヨーグルトを加え、フォークなどでつぶしながら和え、器に盛れば出来上がり!

同じ材料で作れる大人向けの便秘解消レシピはこちら

健康ライター・管理栄養士志水あい(しみず あい)「やり方さえ知っていれば、こどもも大人も誰でももっと手軽に楽しく健康になれるはず!」と考え、管理栄養士として健康づくりに役立つ情報を発信中。

調理のポイント

ひと手間かけてビタミンCを無駄なく摂取

新じゃがいもをゆでて、にんじんとたまねぎをゆでて、卵をゆでて……と何度もゆでるレシピなので、めんどうに感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。
時間がないときなどは、新じゃがいもの皮をむいて小さめに切り、にんじんや新たまねぎと一緒に煮ても大丈夫です。ただし、そうすると水に溶け出しやすいビタミンCの損失量が増えてしまいます。
ビタミンCは鉄の吸収をよくしたり、肌づくりに関与する栄養素。赤ちゃんもきちんと摂取したい栄養素です。ひと手間かけられるときは、別々にゆでてビタミンCの摂取量を増やしましょう。

卵や乳製品が心配なときは、別の食品で置き換えを

卵や乳製品は、アレルゲンになりやすい食品です。アレルギーの心配がある場合は、別の食材で置き換えましょう。アレルギーが心配なら、卵は入れなくてもかまいません。卵黄だけを使用してもよいでしょう。湯通ししたツナを加えてもOKです。ヨーグルトは、野菜のゆで汁や豆乳で代用してもよいでしょう。
今回のレシピに限りませんが、アレルギーがあるかないか定かでない食品がレシピに含まれる場合は、無理にレシピ通りにせず、まずは単体で食べてアレルギーの有無をチェックしてください。

赤ちゃんは食べるのも作るのも大好き!

「まだ小さいからお手伝いなんて無理」と思うかもしれませんが、0才の赤ちゃんでもお手伝いはできます。もちろん、大人のようにきちんと作業することはできませんが、野菜をザルから器に移したり、ゆで卵の殻を割ったりするのは意外と上手。できると信じて任せてみましょう。「お手伝いしてくれてありがとう」「上手にできたね」と伝えるととってもうれしそうに笑ってくれますよ。
赤ちゃんは食べることはもちろん、食べ物に触れることも大好きです。野菜を触るだけでも楽しいので、いろいろな食材を触らせてあげましょう。
このレシピは
  • 参考になった (1)
  • 効果があった (0)
  • 作りたい (0)

ランキング

ごっくん期(5ヶ月から6ヶ月頃)

  • 1位
  • 2位
  • 3位

他のレシピも見る

もぐもぐ期(7ヶ月から8ヶ月頃)

  • 1位
  • 2位
  • 3位

他のレシピも見る

かみかみ期(9ヶ月から11ヶ月頃)

  • 1位
  • 2位
  • 3位

他のレシピも見る

1歳から1歳6ヶ月頃

  • 1位
  • 2位
  • 3位

他のレシピも見る

同じ期のその他のレシピ

もぐもぐ期(7ヶ月から8ヶ月頃)

もっと見る