ジャガイモとヨーグルトの冷たいスープ

ジャガイモとヨーグルトの冷たいスープ

真夏日が続き、赤ちゃんも少し夏バテ気味になり、食欲も落ちてきているのではないでしょうか?そこで今回は、そんな暑い日でも美味しく食べられる冷たいスープのご紹介。調理も簡単なので、是非作ってみて下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(2食分)

基本の材料

  • 玉ねぎ … 1/4個
  • ジャガイモ … 1~2個
  • オリーブオイル … 大さじ1
  • 水… 200cc
  • ヨーグルト … 大さじ1~2
  • 塩 … 適量
作り方

玉ねぎ、ジャガイモは皮をむき、スライスする。1.玉ねぎ、ジャガイモは皮をむき、スライスする。

玉ねぎ、ジャガイモは皮をむき、スライスする。

鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。2.鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。

ジャガイモ加えてさらに炒め、水を加え、柔らかくなるまで煮る。3.ジャガイモ加えてさらに炒め、水を加え、柔らかくなるまで煮る。

ジャガイモ加えてさらに炒め、水を加え、柔らかくなるまで煮る。

ミキサーにかけ、氷にあてて冷やす。4.ミキサーにかけ、氷にあてて冷やす。

器に盛り、ヨーグルトを加えれば出来上がり!5.器に盛り、ヨーグルトを加えれば出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

暑い日は冷たいスープでしっかり栄養補給

暑い日は冷たいスープでしっかり栄養補給今回の冷たいスープ。ジャガイモだけでなく、様々な野菜でアレンジが可能です。赤ちゃんのエネルギー補給にはジャガイモやにんじんといった根菜類、かぼちゃなどがおすすめ。

また、これらの食材を食べたがらない赤ちゃんには、ブロッコリー等でも美味しく出来上がります。ジャガイモをその他の野菜に変えるだけで調理方法は同じ。簡単にアレンジができます。

暑い日が続き、大人でも食欲が落ちがちですから、赤ちゃんはなおさら。そんな時はポタージュにして、赤ちゃんの栄養補給、健康管理に気をつけてあげましょう。

ヨーグルト、ジャガイモの栄養素

最後にプラスしたヨーグルトには良質なタンパク質やカルシウムが豊富に含まれています。発酵食品なので消化吸収も良く、ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内環境を整える効果があるため、赤ちゃんにも積極的に摂ってもらいたい食材です。

ただし、乳製品は一度に大量に与えてしまうとアレルギーの原因になることがあるので、赤ちゃんの成長に応じて、少しずつ様子を見ながら与えるようにして下さい。

また、赤ちゃんによってはヨーグルトの酸味を嫌がる子もいます。今回のレシピではヨーグルトの量を大さじ1~2としてあります。大さじ1ですとあまり酸っぱさを感じずに飲めますので、赤ちゃんの好みに応じて調節してあげて下さい。

ジャガイモには食物繊維が含まれているため、便秘の解消に効果があります。また、ジャガイモのでんぷんは、一旦加熱してから冷ますという行程で、消化しにくいでんぷんに変わります。この消化しにくいでんぷんは、胃や小腸で吸収されることなく大腸までしっかりと届くので、腸にいる乳酸菌のエサになり、善玉菌が増え、腸内環境を改善してくれます。

さらに、ジャガイモにはビタミンB群、Cやミネラルが豊富に含まれ、特にビタミンCは大変多く含まれています。ジャガイモのビタミンCは熱に非常に強く、加熱しても損失しにくいのが大きな特徴です。ビタミンCは高い抗酸化作用で免疫力向上にもつながるため、夏風邪を予防してくれたり、夏バテを防いだりと、この季節には是非摂っていただきたい野菜です。

他のレシピを見る