ミニお好み焼き

ミニお好み焼き

今回は、春が旬のキャベツがたくさん食べられるお好み焼きのレシピを紹介します。手で持って食べやすく、自分で食べたい意欲を育てる手づかみ食べに適した一品です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(直径約5cmのもの10個分)

基本の材料

  • キャベツ…小さめ1/4個
  • 万能ねぎ…1/4束
  • 長いも … 75g
  • 薄力粉 … 40g
  • かつお節 … 5g
  • 卵 … 1個
  • しらす干し … 20g
  • サラダ油 … 適量
作り方

キャベツは粗いみじん切りにする。万能ねぎは小口切りにする。1.キャベツは粗いみじん切りにする。万能ねぎは小口切りにする。

ボウルに、長いもをすりおろし、薄力粉、かつお節、卵を入れて混ぜる。2.ボウルに、長いもをすりおろし、薄力粉、かつお節、卵を入れて混ぜる。

2.に1.としらす干しを入れ、サックリと混ぜる。3.2.1.としらす干しを入れ、サックリと混ぜる。

ホットプレートまたはフライパンに油をしいて弱火にし、3.をスプーンで盛るように流し入れ、焼き面がこんがりとしてきたら返し、火が通るまでじっくりと焼く。4.ホットプレートまたはフライパンに油をしいて弱火にし、3.をスプーンで盛るように流し入れ、焼き面がこんがりとしてきたら返し、火が通るまでじっくりと焼く。

ホットプレートまたはフライパンに油をしいて弱火にし、3.をスプーンで盛るように流し入れ、焼き面がこんがりとしてきたら返し、火が通るまでじっくりと焼く。

皿にのせ、手で持てるくらいの温度まで冷ませば出来上がり!5.皿にのせ、手で持てるくらいの温度まで冷ませば出来上がり!

» 同じ材料で作れる大人向けの便秘解消レシピはこちら!

「やり方さえ知っていれば、こどもも大人も誰でももっと手軽に楽しく健康になれるはず!」と考え、管理栄養士として健康づくりに役立つ情報を発信中。

調理のポイント

味のある食材を上手に活用!

味のある食材を上手に活用!赤ちゃんは味に敏感。大人はソースをつけないと物足りないと感じるくらいのあっさり味でも、かつお節の旨味やしらす干しの塩味が含まれているので、赤ちゃんには十分な味に仕上がります。

お好み焼きに限らず、調味料は最小限に。できれば日頃から素材の味を大事にして薄味ながらも滋味あふれる料理がご家庭の味になるとよいですね。

また、赤ちゃんはとても個人差があります。食べられる食品もそれぞれ。食べられない食品が材料に含まれていたら、足したり引いたりしてアレンジしてください。キャベツは別の葉っぱの野菜、長いもや薄力粉はじゃがいもをすりおろしたものでも代用できます。卵は入れる方がしっかりと固まりますが、入れなくても大丈夫。魚がダメでかつお節やしらす干しが食べられないのであれば、湯通ししたひき肉を入れると旨みが加わります。

苦手な食品もお好み焼きにすると食べられることがありますので、便秘解消に効果的な食物繊維を上手に摂るのに役立ちます。普段は食べない食品を細かく刻んで混ぜるアレンジもおすすめですよ!

焼き方を変えればパーティレシピにも焼き方を変えればパーティレシピにも

平らな円形のミニお好み焼きもよいですが、材料を多めに用意してたこ焼き用の鉄板で焼いてみてはいかがでしょう?まるくてコロコロしたかわいらしいお好み焼き。かわいいピックを刺せば、おうちパーティのメニューにもぴったり。離乳期が終わってからも楽しめる一品です。

他のレシピを見る