アスパラとしらすのポタージュ

アスパラとしらすのポタージュ

春の野菜、アスパラガスを赤ちゃんにも食べられるポタージュスープに。アスパラガスの香りと栄養がまるごと詰まったスープです。しらすも加えているので、カルシウムもたっぷり!

※スープの上に飾ったパセリは撮影用です。実際には使用しません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(2~3食分)

基本の材料

  • オリーブオイル … 小さじ1
  • アスパラガス … 1束
  • ジャガイモ … 小1個
  • 玉ねぎ … 1/2個
  • 水 … 300cc
  • しらす … 大さじ2
作り方

ジャガイモの皮をむき、玉ねぎ、ジャガイモをスライスする。1.ジャガイモの皮をむき、玉ねぎ、ジャガイモをスライスする。

ジャガイモの皮をむき、玉ねぎ、ジャガイモをスライスする。

アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、5mm幅にカットする。2.アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、5mm幅にカットする。

アスパラガスは根元の硬い部分を切り落とし、5mm幅にカットする。

鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。アスパラガスを加え、さらに炒める。3.鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。アスパラガスを加え、さらに炒める。

鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れ、しんなりするまで炒める。アスパラガスを加え、さらに炒める。

ジャガイモとしらすを加えて炒め、水を加える。沸騰したあと弱火にし、ジャガイモがくずれる程度まで煮る。4.ジャガイモとしらすを加えて炒め、水を加える。沸騰したあと弱火にし、ジャガイモがくずれる程度まで煮る。

ジャガイモとしらすを加えて炒め、水を加える。沸騰したあと弱火にし、ジャガイモがくずれる程度まで煮る。

4.をミキサーにかければ出来上がり!5.4.をミキサーにかければ出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

塩は加えなくてもOK

塩は加えなくてもOK基本的に赤ちゃんの離乳食は薄味です。今回加えたシラスは、それ自体に塩分があるため、新たに塩を加える必要はありません。

離乳食にも慣れ、少量の塩分をとって良い頃の赤ちゃんには、多少塩を加えても構いません。赤ちゃんの成長に応じて、味付けをしてあげましょう。

アレンジも自在

今回のレシピは、他のどんな野菜でもアレンジ可能です。かぼちゃやにんじん、豆類など、それ自体にでんぷん質が多い野菜の場合は、ジャガイモを加える必要はありません。反対に、デンプン質の少ない、パプリカや葉物野菜を使用してポタージュを作る場合は、ジャガイモを加えることで、ポタージュらしいとろみがつきます。

特に離乳食の場合は、とろみがついていないと赤ちゃんが上手に食べずらいため、ジャガイモを加え、ややもったりとしたポタージュになるようにして下さいね。

アスパラガスの栄養素

春に美味しいアスパラガスは、食物繊維が豊富な野菜なので、便秘の解消には大変効果的。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を含んでいます。β-カロテンやビタミンB1も多く含まれ、カリウムや亜鉛、鉄といったミネラルも豊富な野菜です。

また、今回のように茹でても、栄養素はさほど減少しないのも嬉しいですね。ただし、時間が経つと根元の方から硬くなりやすいので、離乳食に使用する際は注意が必要です。買ったその日のうちに使わない場合は、ビニール袋などに入れて冷蔵庫で保存するようにしましょう!

他のレシピを見る