赤ちゃんにやさしいイチジク浣腸の使い方

ポイント

次のものを用意すると便利です。

イチジク浣腸の使い方・使用方法

1.浣腸をお湯(40℃位)に入れ、体温近くまで温めてあげてください。
※温度の上げすぎにはご注意ください。

2.浣腸を行う方は、石鹸で手を洗いましょう。

3.ビニールシート、または、タオルを敷いて、その上に赤ちゃんを寝かせてください。
紙おむつ(テープタイプ)に排便させる時は、紙おむつを広げてからおむつができるようにして、赤ちゃんを寝かせて下さい。

4.お話が分かる年齢であれば、やさしく楽になることをよく説明してあげてください。

5.浣腸します。

〔1歳未満の場合〕

おむつを替える時の姿勢で浣腸します。1回の使用量は1個の半分(※)です。

おむつを替える時の姿勢で浣腸します。1回の使用量は1個の半分(※)です。
※約半量の量り方

容器の中程を2本の指で軽く押し、両指先が当たるまで注入してください。なお、残液は廃棄してください。
※約半量の量り方

〔1歳を過ぎている場合〕

横向きで浣腸します。1回の使用量は1個です。

横向きで浣腸します。1回の使用量は1個です。

6.イチジク浣腸のノズルにオリーブ油などの潤滑油を付け、すべりやすくします。

※ベビーオイルでも代用できます。もし、オリーブ油やベビーオイルがない場合、ノズルを上向きにし、少し薬液を出してノズルの先端をぬらしてください。

7.イチジク浣腸のノズルが隠れる位まで入れ、少しずつ容器をつぶして中の液を入れます。

口を開けて「ハーッ」と息を吐かせると入りやすくなります。

うんちが出て赤ちゃんもすっきり!よかったね赤ちゃん

8.液を入れ終わったら、ゆっくり容器を抜き、ティッシュまたはガーゼ、脱脂綿で肛門をおさえてしばらくがまんさせてください。

9.紙おむつをすばやくし、赤ちゃんが排便するのを待ちます。
1歳以上のお子様には、年齢にあわせて、おむつ、おまるやトイレに排便させてください。

10.赤ちゃんのおしりを、おしりふきできれいにふいて下さい。

11.使い終わった容器に残っている薬液は、トイレに捨てます。容器はゴミ箱に捨てましょう。

12.浣腸を行った方は、手を石鹸できれいに洗いましょう。

13.赤ちゃんをゆっくり休ませてください。

うんちが出て赤ちゃんもすっきり!よかったね赤ちゃん