バナナメープルマフィン

バナナメープルマフィン

今回は赤ちゃんでも安心して食べられる玉子、バター不使用のマフィンのご紹介。材料も少なくて簡単!マフィン用カップがなくても作れます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(マフィンカップ4~5個分)

基本の材料

  • バナナ2~3本 … (皮をむいた状態で150g)
  • メープルシロップ … 大さじ2
  • サラダ油 … 大さじ2
  • ベーキングパウダー … 小さじ1
  • 薄力粉 … 100g
  • レーズン(お好みで) … 大さじ2
作り方

バナナの皮をむき、ボウルに入れる。フォークの背でつぶす。1.バナナの皮をむき、ボウルに入れる。フォークの背でつぶす。

バナナの皮をむき、ボウルに入れる。フォークの背でつぶす。

メープルシロップとサラダ油を加え、よく混ぜる。2.メープルシロップとサラダ油を加え、よく混ぜる。

メープルシロップとサラダ油を加え、よく混ぜる。

ベーキングパウダー、薄力粉をふるい、加えてよく混ぜる。3.ベーキングパウダー、薄力粉をふるい、加えてよく混ぜる。

ベーキングパウダー、薄力粉をふるい、加えてよく混ぜる。

マフィンカップに入れ、180度で15分程度焼く。焼き上がり、粗熱が取れれば出来上がり!4.マフィンカップに入れ、180度で15分程度焼く。焼き上がり、粗熱が取れれば出来上がり!

マフィンカップに入れ、180度で15分程度焼く。焼き上がり、粗熱が取れれば出来上がり!

マフィンカップに入れ、180度で15分程度焼く。焼き上がり、粗熱が取れれば出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

マフィンカップがなくてもOK

マフィンカップがなくてもOKマフィンを焼く際に使用するマフィンカップ。大きいスーパーやお菓子材料店などで手に入れることができますが、時々しかお菓子を作らないのに、わざわざ買うのも勿体ないですよね。

そんな時はオーブンシートを敷いた天板に、生地をスプーンですくい、並べて焼けばOK。マフィンカップに入れた場合に比べて生地が薄いため、焼く時間は短めの10~12分。マフィンというよりはソフトなクッキーのような焼き上がりになります。

メープルシロップを活用

今回は赤ちゃんでも安心して食べられるように、油分、糖分はかなり控えてあります。通常、マフィン作りに使用するバターを一切使わず、お砂糖の代わりにメープルシロップを使用しています。

メープルシロップはサトウカエデなどの樹液を濃縮した甘味料です。煮詰める過程で殺菌されるため、ハチミツと違い、赤ちゃんに与えても心配はありません。メープルシロップには、カルシウムやマグネシウム、たんぱく質や糖質の代謝に不可欠な亜鉛、余分な塩分を排出するカリウムといったミネラルがバランス良く含まれています。さらにアミノ酸やたんぱく質、ビタミン類も含まれていて、他の一般的な甘味料に比べると、各種栄養素の含有量が多く、カロリーが少ないのが特徴です。とはいえ、赤ちゃんにあまりたくさん与えるのは禁物です。成長に応じて、上手に離乳食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

バナナの栄養素

マフィンにたっぷり加えたバナナも栄養満点。バナナは赤ちゃんに是非食べてもらいたい食材の一つです。バナナは古来より滋養強壮の果物とされてきただけに、栄養面から見ても優れた特徴を持っています。

タンパク質やカロリーはじゃがいもに匹敵し、カロチン、食物繊維を豊富に含んでいます。特にビタミンAの含有量は果物の中でトップクラス。また、バナナに含まれる糖質は、完熟すると消化吸収されやすいブドウ糖に変わり、エネルギー源になりますから、赤ちゃんの離乳食にも適しています。

バナナは主に不溶性食物繊維を多く含みますが、水溶性食物繊維も含まれています。便秘の改善にはこれら二つの食物繊維をバランス良く摂取することが大切ですから、両方の食物繊維を含むバナナは便秘解消に効果的な果物と言えるでしょう。

さらに、バナナにはフラクトオリゴ糖が豊富に含まれています。腸内で善玉菌が優勢な状態を保つことが安定した排便につながりますが、オリゴ糖には、善玉菌の一種であるビフィズス菌を増やす効果があり、このビフィズス菌が増えることで、腸内環境が改善し、便秘の解消に一役買ってくれます。

このように栄養満点、便秘の解消にも効果的なバナナをたっぷり使った今回のレシピ、作り方も簡単ですので、是非一度お試し下さい!

他のレシピを見る