かぼちゃのやわらかクッキー

かぼちゃのやわらかクッキー

今回は赤ちゃんにうれしい手づかみメニューのご紹介。混ぜて焼くだけの簡単レシピ。栄養豊富、食物繊維たっぷりのかぼちゃを使っているため、梅雨で食欲が落ちがちの赤ちゃんのエネルギー源にももってこい。是非作ってあげて下さい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
材料(12~15個分)

基本の材料

  • かぼちゃ … 100g
  • 卵黄 … 1個分(20g)
  • オリーブオイル … 大さじ1
  • きび糖 … 大さじ1
  • 薄力粉 … 70g
  • ベーキングパウダー … 小さじ1/2
  • レーズン … 大さじ2
  • 塩 … 少量
  • サラダ油 … 適量
作り方

かぼちゃは適当な大きさにカットし、ラップで包み、電子レンジで3分程度加熱する。1.かぼちゃは適当な大きさにカットし、ラップで包み、電子レンジで3分程度加熱する。

かぼちゃが冷めないうちにフォークの背などでつぶし、粗熱をとる。2.かぼちゃが冷めないうちにフォークの背などでつぶし、粗熱をとる。

オリーブオイル、きび糖、塩ひとつまみを加え、よく混ぜる。卵黄を加えてさらに混ぜる。3.オリーブオイル、きび糖、塩ひとつまみを加え、よく混ぜる。卵黄を加えてさらに混ぜる。

薄力粉、ベーキングパウダーを加えて混ぜ、レーズンを加える。4.薄力粉、ベーキングパウダーを加えて混ぜ、レーズンを加える。

薄力粉、ベーキングパウダーを加えて混ぜ、レーズンを加える。

生地を少量取り、ボール状に丸める。手のひらでつぶし、円形にする。その際、手にサラダ油を塗っておくと、生地が手につかず、丸めやすい。天板にオーブンシートを敷き、その上に並べて180度のオーブンで約10分ほど焼けば出来上がり!5.生地を少量取り、ボール状に丸める。手のひらでつぶし、円形にする。その際、手にサラダ油を塗っておくと、生地が手につかず、丸めやすい。
天板にオーブンシートを敷き、その上に並べて180度のオーブンで約10分ほど焼けば出来上がり!

生地を少量取り、ボール状に丸める。手のひらでつぶし、円形にする。その際、手にサラダ油を塗っておくと、生地が手につかず、丸めやすい。天板にオーブンシートを敷き、その上に並べて180度のオーブンで約10分ほど焼けば出来上がり!

吉田美生(よしだみお)1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』『Tarzan』等のレシピ制作で活躍。

調理のポイント

生地を上手に丸めるには

生地を上手に丸めるには今回のクッキー生地は、かぼちゃの割合を多く、薄力粉を少なめにしたのと、赤ちゃんが安心してたくさん食べられるよう、バターを使用していないので、焼く前の生地がやや柔らかい状態です。そのため、クッキーの形を作る際、手に生地が着いてしまいます。

そこで、事前に手にサラダ油(オリーブオイルでもOK)を塗り、生地を丸めるようにして下さい。簡単に、しかもきれいに形を作ることができます。

最後にクッキー生地に加えたレーズンは、形を作る際、なるべくクッキーの表面に出ないようにしましょう。表面に出ていると、元々乾燥しているレーズンはすぐ焼けて、焦げてしまいます。レーズンが焦げてしまうと固くなるため、赤ちゃんにはやや食べにくいかもしれません。もちろん、レーズンが苦手という赤ちゃんには、レーズンを加えなくても美味しく作れます。

また今回は、ほんのり甘く食べやすい仕上がりになるよう、きび糖を少し加えてあります。かぼちゃ本来の甘さだけで作りたいという場合は、砂糖を加えなくてもOK。その場合も、ほんの少しだけ塩を加えることをおすすめします。塩を少し加えるだけで、甘みがぐっと引立ちますよ!

かぼちゃの栄養素

かぼちゃの皮には多くの栄養が豊富に含まれています。かぼちゃの皮が固いと剥いてしまう人もいますが、今回は電子レンジであらかじめかぼちゃを加熱してあるため、皮も柔らかくなり、簡単につぶすことができます。クッキーにしているので、皮の味や食感があまり気になりませんから、赤ちゃんでも違和感なく食べられると思います。

かぼちゃには便秘の解消に効果的な食物繊維が豊富に含まれています。野菜や穀類に多く含まれている不溶性食物繊維の他、かぼちゃには水溶性食物繊維のペクチンも含まれています。食物繊維の種類により体への働きかけも異なるため、便秘の解消にはたくさんの種類の食物繊維をバランス良く摂ることが大切。不溶性、水溶性両方の食物繊維を含むかぼちゃは、便秘解消にとても効果的な野菜と言えるでしょう。

かぼちゃには食物繊維以外にも、ビタミンC、E、βカロテンなどのビタミン類が豊富に含まれています。βカロテンは、ビタミンEと協調し、皮膚や粘膜を健康に保つ作用のほか、風邪の予防など、免疫力を強化し、細菌やウィルスから身体を守る働きがあります。

これからの季節、暑さや湿気で赤ちゃんの食欲や体力も落ちがちに。そんな時はカロリーも高く、栄養満点で食物繊維たっぷりのかぼちゃを使ったクッキーで、赤ちゃんを元気にしてあげましょう!

他のレシピを見る